投資に興味があるなら海外不動産に注目【安い価格で不動産を購入】

時は金なりを実践しよう

女性

定年後では融資が難しい

定年を迎える前に始めなさい。そう言われるのが、不動産投資です。サラリーマンの方は、1日も早く資産形成を始めましょう。なぜ定年前に始める必要があるのでしょうか。資産形成をするにあたって、最も味方をしてくれるのが時間です。例えば、1000万円を投資し、1年間に10%の利回りを得るとしましょう。1年目で得られる利回りは、100万円です。しかし、2年目は、1000万円+100万円の10%の利回りとなり、110万円を得られます。3年目は1000万円+100万円+110万円の10%であるため、121万円の利回りです。このように時間の経過とともに、得られる利回りが増えていきます。これが早くから不動産投資を始めるべき理由です。早く始めれば始めるほど、豊かな老後を迎えられるでしょう。また、サラリーマンだからこその特徴も、不動産投資を定年前に始めるべき理由です。サラリーマンと言えば、安定した収入が特徴です。そして、金融機関は安定した収入を頼りに、不動産投資を始めるための融資をしてくれます。定年を迎えた方には、金融機関はスムーズに融資をしてくれません。不動産投資を始めたくとも始められない事態になるため、サラリーマンの内に金融機関に相談しましょう。サラリーマンの方の中には、仕事が忙しく不動産投資をする時間がないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、管理会社がパートナーとなり、煩わしい作業や手続きを代行してくれます。時間をかけるのは、物件を選ぶ時だけ。始めた後に負担がかからないのは、不動産投資の魅力です。

Copyright© 2018 投資に興味があるなら海外不動産に注目【安い価格で不動産を購入】 All Rights Reserved.